NTT LABORATORIES

先端技術総合研究所Science and Core Technology Laboratory Group

10年後を見据えた最先端の基礎技術の研究開発

先端技術総合研究所では、未来を支える新たな価値を創造するため、長期的視点で技術の確かな方向性を打ち出すとともに、
その求心力となることをミッションとしています。研究領域は、物性、およびコミュニケーションの基礎研究から、
デバイスの基盤研究、システム・アプリケーションの研究まで幅広くカバーしています。
人やコミュニティにとって豊かなコミュニケーション環境をつくることをめざし、基礎・先端技術の研究開発に取り組んでいます。

未来ねっと研究所

コンピューティングとネットワーキングの融合により、あらゆる人・物がつながって社会変化に追従していく未来のネットワークをめざしています。実世界のセンサとWeb情報を組み合わせた新サービス創出と、それに向けた大容量データ解析/無線アクセス技術、遠隔での即時的な情報共有や協調作業を可能とするNW制御技術、大容量・高信頼な通信を可能にする光NW技術などの実現に向けた研究開発に取り組んでいます。

keyword
エッジコンピューティング/センサネットワーク/ユビキタスサービスプラットフォーム/パーソナルICT/ネットワーク仮想化(NFV)/マルチユーザMIMO/M2M無線アクセス/超高速光信号処理/フォトニックネットワーク/デジタルコヒーレント/映像転送プロトコル

デバイスイノベーションセンタ

デバイス技術の実用化開発とそのプロダクトアウトをミッションとして、先端集積デバイス研究所で培った技術や社外技術を戦略的に活用し、最適な技術選択により、社会のニーズを先取りしたデバイス技術の実用化を推進します。

keyword
光送受信デバイス技術/光無線デバイス技術/光ノード用デバイス技術/環境用センシングデバイス技術/光インタコネクション技術/医療用センシングデバイス技術/高周波デバイス技術
NTT研究所が世の中にシカケル 着るだけであなたの心臓が見える!? 機能素材”hitoe”を用いた心電位・心拍計測ウェア 高品質な心電位・心拍の計測を可能にする伝導性高分子を用いた導電布”hitoe”を東レと共に開発。締め付け感の軽減、発汗や雨対策、ノイズ低減を見据えたコネクタ配置など生体情報計測ウェアに敵した人体のセンシングインターフェース設計技術を確立しました。

先端集積デバイス研究所

先端的なエレクトロニクス技術とフォトニクス技術を駆使し、UX(User Experience)に変革をもたらすデバイスの研究に取り組んでいます。革新的な尖った技術の創出をミッションとし、通信および情報処理サービスの高度化や社会的課題の克服をめざします。

keyword
バイタル情報処理技術/平面光波回路技術/アンビエント端末技術/光電子集積技術/ミリ波・テラヘルツ波応用技術/結晶成長プロセス技術/光信号処理技術/ナノフォトニクス技術/超高速LSI設計技術/発電・蓄電デバイス/エナジーハーベスティング技術/通信設備の省資源化
NTT研究所が世の中にシカケル 光通信の限界は究極の低雑音が打ち破る 位相感応型光増幅技術 光通信における伝送容量の制限を打ち破り、ネットワークのさらなる大容量化の実現を目指す。光増幅部に世界最高水準の効率を持つPPLN(非線形光学デバイス)を用い、光通信の限界に迫る究極の低雑音光増幅器で世界中をつないでいきます。

コミュニケーション科学基礎研究所

未来のコミュニケーション環境を創りだす、革新的研究開発を推進しています。人間科学、情報科学・工学だけでなく、人文・社会科学など異分野を融合したアプローチを重視しています。世界をリードする新概念や革新的原理を創出することにより、学術的貢献を果たすとともに、情報通信技術の変革や事業領域の拡大につながる基礎技術を開発し、広く社会に役立てることをめざしています。

keyword
メディア情報処理(映像/音声音響メディア認識・理解、音響信号処理、音声音響符号化)/自然言語処理(機械翻訳、文書要約、意味理解、対話システム)/認知神経科学・感覚運動制御・発達心理・インタラクション分析/統計的機械学習・ビッグデータ解析・実世界センシング/量子通信・情報セキュリティ/理論計算機科学・量子アルゴリズム
NTT研究所が世の中にシカケル どんな国の言葉もペラペラ 機械翻訳 英語や中国語のように日本語と語順が大きく異なる言語との間でも、正確な翻訳を可能にする統計翻訳技術を実現しました。今後はより多くの言語で高精度な同時翻訳を実現し、誰もが言語の壁を越え、円滑にコミュニケーションできる世界を目指します。

物性科学基礎研究所

ネットワーク・情報処理分野で、現状技術の壁を飛躍的に越える新原理・新概念の創出と、中長期的な基盤技術の革新を担うべく、機能物質科学、量子電子物性、量子光物性に関する研究分野で研究を進めています。中長期的なNTT事業への貢献だけでなく、普遍的知見の獲得など学術的貢献もめざしています。

keyword
量子情報処理/量子光学・原子光学/ナノバイオサイエンス/半導体電子・光物性/ナノフォトニクス・ナノメカニクス/物質材料科学
NTT研究所が世の中にシカケル 単一電子が情報処理の可能性を広げる Siデバイスを用いた極限エレクトロニクス 1個の電子を正確に転送し、検出する技術を実現しました。単一電子を1bitとして動作する回路に応用することで、超低消費電力情報処理への展開が期待できます。正確な電流の物差し(標準)や超高感度センサーなど極限的なエレクトロニクスへの応用も期待が高まっています。
閉じる