NTT LABORATORIES

西村 真衣

ソフトウェアイノベーションセンタ

2015年入社

ビッグデータはいかに解析されるべきか

たとえ学生時代と違う専門領域だとしても、しっかりと成果を出すのが、企業研究者。
世界のあらゆるデータが対象となるビッグデータの解析。
しかしその手法は千差万別だ。何が効率的で、何が早く、何が最適なのか?

Technology

計算の高速化をめざす新たなアルゴリズムの研究開発

学生時代、コンピュータビジョンの研究をしながら、webアプリケーション開発のアルバイトをしていた西村。就職活動では、エンジニアとしてソフトウェアの開発に携わるか、より基礎的なところで最先端の研究開発を続けるか、どちらにも魅力を感じていたという。そして、そのどちらにも関わりを持つことができる場所としてNTT研究所があった。
現在、所属しているチームでは「大規模グラフ分析」に取り組んでいるが、その中で、西村は「グラフ分析アルゴリズムの高速化」の研究開発を担当している。
実世界のさまざまなデータは、相互に依存関係を有し、グラフ構造を持っている。グラフとは頂点(ノード)と枝(エッジ)で表現できるデータ構造であり、相互に関係性を持つデータはすべてグラフとして表現することができるのだ。
データが大規模になると、総当たりでの計算ではとても処理しきれないため、不要な計算を枝刈りし、適切な近似を行うといったことが重要になってくる。西村が取り組んでいるのは、その処理を高速化させるためのアルゴリズムを新たに見つけ出すこと。研究をまとめ、国際会議に論文を投稿することが現在の目標だ。

Personality

基礎的な研究と応用とそのバランスを模索し続ける

西村が所属するグループでは、ビッグデータなどを解析する際に必要になる、大規模データ分析のための処理基盤と、データ分析の基礎的なアルゴリズムの研究チームが、隣り合っている。「これからのデータ分析では、ハードウェアの性能を引き出す処理基盤の開発と、基礎的なアルゴリズムの研究とが、相互に連携して研究を進めていくことが重要だと思います」と西村。
また、論文や特許という基礎的な領域だけでなく、NTTグループの事業会社から技術の相談を受けることもあり、そんな時は最新の技術や動向を説明するなど、応用領域とも交流を深めている。
基礎的な研究と応用、どちらにも関心を抱き、そのどちらにも携わることができる環境として、現在の職場を選んだ西村。確かに、その二つのバランスを取り続けることは難しい。だが、さまざまな領域の研究者や開発者と交流を深めながら、西村は日々、前向きに模索を続けている。

Profile

西村 真衣
2015年入社。現在2年目の西村は、自身の研究における実験や論文執筆に精を出している。 また、グループの事業会社から上がってくる技術相談に対応することも重要な仕事である。
閉じる